「Surface Book」の法人向け国内価格は19万800円から、2月4日発売 – ZDNet Japan

いよいよマイクロソフトからノートPCが発売されます。

Windows10の機能を全て使えるように設計されているものとなりWindowshallo機能などを利用可能です。

少しお値段は高いですがスペックもかなり高めで何よりも搭載メモリが多めのため利用時のフラストレーションは非常に低くなるのではないでしょうか。

興味ある方は是非スペックを確認してみてください。

 

日本マイクロソフトは1月13日、第6世代インテルCore i7/i5プロセッサを搭載するノートPC新製品「Surface Boook」の日本市場での価格と発売日を明らかにした。法人向けモデルは税別参考価格19万800円から。2月4日に発売する。

情報源: 「Surface Book」の法人向け国内価格は19万800円から、2月4日発売 – ZDNet Japan

この記事を書いた人

yutaka
yutaka
10数年IT業界に関わりながら、第一種電気工事士の資格を持つ異色のキャリアを持っています。
ネットワーク関連工事や電気工事、家電の修理、IT系のサポートなど様々な経験を積みました。

現在のIT事業者は、お客様にもっと寄り添うことができるのではないかと考え仲間と起業しました。

最近はまってるものhttp://m.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です