画像で見るWindows史–1.01から10に至るスプラッシュ画面の変遷 – ZDNet Japan

こんにちはAt-First松村です。

 

すごく懐かしい画面が並んでる記事です。

個人的にはDOSの頃からPCのサポートに関わっているので全てのOSでサポートを経験しています。

今にして思えば初期の頃は何を認識させるにも一苦労したのをよく覚えています。

USBって便利ですね。

「Windows」OSの誕生以来、マイクロソフトはOSがロードされる間にユーザーの気が紛れるよう、スプラッシュ画面を採用してきた。このギャラリーでは、Windows 1.01から10に至るまでのスプラッシュ画面を振り返ってみたい。

情報源: 画像で見るWindows史–1.01から10に至るスプラッシュ画面の変遷 – ZDNet Japan

この記事を書いた人

yutaka
yutaka
10数年IT業界に関わりながら、第一種電気工事士の資格を持つ異色のキャリアを持っています。
ネットワーク関連工事や電気工事、家電の修理、IT系のサポートなど様々な経験を積みました。

現在のIT事業者は、お客様にもっと寄り添うことができるのではないかと考え仲間と起業しました。

最近はまってるものhttp://m.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です