ノートPC、発火の恐れ…パナソニックと東芝

パナソニックと東芝は28日、ノートパソコンのバッテリーが過熱して発煙・発火する恐れがあるとして計約11万3000個をリコール(回収・無償交換)すると発表した。

 両社の製品に搭載しているパナソニック製のバッテリーの製造工程に不具合があり、国内で計3件の発火事故があった。けが人はなかった。

パナソニックは2011年7月~12年5月に製造した「レッツノート」の「CF―S9」など10機種の一部に搭載された計約1万7000個、東芝は11年6月~15年3月に製造した「ダイナブック」の「T453/H」など150機種の一部に使われた計約9万6000個を回収・交換する。

バッテリーの加工工程で鉄粉が混入するなどの不具合があったことが原因とみられる。問い合わせは、パナソニック(0120・870・163)と東芝(0120・444・842)へ。

この記事を書いた人

yutaka
yutaka
10数年IT業界に関わりながら、第一種電気工事士の資格を持つ異色のキャリアを持っています。
ネットワーク関連工事や電気工事、家電の修理、IT系のサポートなど様々な経験を積みました。

現在のIT事業者は、お客様にもっと寄り添うことができるのではないかと考え仲間と起業しました。

最近はまってるものhttp://m.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です