詐欺サイトに誘導する「クリックジャック」の脆弱性が7社のルータに–IPA調査 – ZDNet Japan

こんにちはAt-First松村です。

コンシューマー向けルータでの脆弱性情報です。

ルーターのファームウェアのアップデートが必要になりそうです。

ルーターのメーカーからの情報に注意してください。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月27日、2015年第4四半期(10月~12月)の脆弱性関連情報の届出状況をまとめ、「ソフトウェア等の脆弱性関連情報の取扱いに関する活動報告レポート」として公開した。

情報源: 詐欺サイトに誘導する「クリックジャック」の脆弱性が7社のルータに–IPA調査 – ZDNet Japan

この記事を書いた人

yutaka
yutaka
10数年IT業界に関わりながら、第一種電気工事士の資格を持つ異色のキャリアを持っています。
ネットワーク関連工事や電気工事、家電の修理、IT系のサポートなど様々な経験を積みました。

現在のIT事業者は、お客様にもっと寄り添うことができるのではないかと考え仲間と起業しました。

最近はまってるものhttp://m.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です