インテル、第6世代「Core vPro」プロセッサを発表–多要素認証機能も搭載 – ZDNet Japan

ソフトウェア認証からハードウェア認証へ

認証に必要なハードウェアレベルをPCのハード自体が位置情報などを取得して段階的に設定できるようになるようです。

設定しておけば外部で利用する際には生体認証、社内で利用するときにはID,PWなどといったように盗難された際に内容を読み取られるリスクを減らすことができるようになります。

インテルは米国時間1月19日、ビジネスの変革やコラボレーションを目的とした、同社の第6世代「Core vPro」プロセッサによるビジネス向け戦略の強化を発表した。

情報源: インテル、第6世代「Core vPro」プロセッサを発表–多要素認証機能も搭載 – ZDNet Japan

この記事を書いた人

yutaka
yutaka
10数年IT業界に関わりながら、第一種電気工事士の資格を持つ異色のキャリアを持っています。
ネットワーク関連工事や電気工事、家電の修理、IT系のサポートなど様々な経験を積みました。

現在のIT事業者は、お客様にもっと寄り添うことができるのではないかと考え仲間と起業しました。

最近はまってるものhttp://m.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です