グーグルのProject Zero、トレンドマイクロのパスワード管理ツールの脆弱性を報告 – ZDNet Japan

パスワード管理ソフトは便利ですが,やはり問題もあるようです。

トレンドマイクロのパスワードマネージャで脆弱性があったため1月11日に強制アップデートされたようです。

トレンドマイクロ製のウイルス対策ソフトと一緒におまけで入ってしまうようです。このソフトは様々なパスワードを記憶して1つのパスワードを入力すればどのサイトのパスワードも入力できる便利ツールでユーザーはパスワードマネージャーのマスタパスワードだけ覚えておけばいいというものですが、脆弱性があったようです。

やはりパスワード管理は自分で行うのが一番安全であることに変わりはありません。

世の中ソフトはどんどんよくなっていきますが最後は結局使う人次第ということです。

トレンドマイクロのパスワード管理ツール「Password Manager」に、遠隔地からのコード実行を許す脆弱性が存在していたことをグーグルのセキュリティチーム「Project Zero」が明らかにした。

情報源: グーグルのProject Zero、トレンドマイクロのパスワード管理ツールの脆弱性を報告 – ZDNet Japan

この記事を書いた人

yutaka
yutaka
10数年IT業界に関わりながら、第一種電気工事士の資格を持つ異色のキャリアを持っています。
ネットワーク関連工事や電気工事、家電の修理、IT系のサポートなど様々な経験を積みました。

現在のIT事業者は、お客様にもっと寄り添うことができるのではないかと考え仲間と起業しました。

最近はまってるものhttp://m.nike.com/jp/ja_jp/c/nikeid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です