【事前情報】11月度Windows Update

AtFirst の福山です。こんばんは。

今月のWindows Updateは12日となっております。

概要

11月は16ものセキュリティ情報を公開します。これは2014年に入って最も多い数となっており、そのうち5つは「緊急」、9つは「重要」、残りの2つは「警告」としてレーティングされています。

これらの更新はInternet Explorer、Microsoft Office、Microsoft Exchange Server、SharePoint Server、.Net FrameworkとMicrosoft Windowsに影響します。

「緊急」でレーティングされている項目の多くは、ほとんどのWindows環境に大きなインパクトを与えるため、サポートされているWindowsお使いの方は更新がリリースされた際になるべく早く更新することを推奨いたします。その中でも、先日お伝えしたOLEの脆弱性によりリモートでコードを実行されてしまう問題は、会社でご利用の環境でも攻撃される可能性があるため、出所の不明なメールの添付ファイルは極力開かないようにしてください。

そして今月もまたまた「緊急」でレーティングされているInternet Explorer累積的更新がリリースされます。ほとんどが悪意のあるウェブページを閲覧したと時に脆弱性を突くもののため、ウェブサーフィン時は気を付けてください。

すべての更新はWindowsの自動更新が有効の場合に適用されます。

適用後は再起動が必要となります。

先行情報に関する詳細はこちらを参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です