Microsoft OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される

AtFirstの福山です、こんにちは。

概要

先週Powerpointの脆弱性に関する技術情報が公開されましたが、悪意のあるオブジェクトを埋め込んだPowerpointファイルを開くことで、遠隔で使用者と同じ権限でコマンドが実行できてしまうものです。

対象製品

Office Powerpoint 2007〜2013
Windows Vista
Windows 7
Windows 8/8.1

回避方法

2014/10現在、MicrosoftにてFixitを公開しております。
詳細に関しては マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: Microsoft OLE の脆弱性により、リモートでコードが実行される: 2014 年 10 月 21 日 を確認してください。

また、AtFirstでは訪問での対応も可能ですので、是非ご検討いただければと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です